上顎前突 出っ歯  子供        Top pageへ戻る            当院の治療例に戻る

説明 著しい反対咬合のとき、矯正治療のみでは、治すことはできず、顎の手術も行って噛みあわせを作ります。顎変形症の症例となり、健康保険の適用となります。ご本人は、前歯で物を噛み切れない。発音がこもる。顎が出ているので気になる。等の症状を訴えます。手術の入院期間は2−3週間程度です。
症例 男性  27歳
治療前
                    ↓
治療後
治療内容 下の親知らずを抜歯し、マルチブラケット治療を、1年2ヶ月行いました。途中、顎の手術を行い噛みあわせを、合わせました。
コメント ご本人は前歯で、物が噛めるようになった。発音がこもらなくなった。と喜んでおられました。
             Top pageへ戻る                    当院の治療例に戻る

長谷川矯正歯科クリニック рO22−263−3672