上顎前突 出っ歯  子供        Top pageへ戻る            当院の治療例に戻る

説明 反対咬合の場合、前歯の噛み方が逆になり、噛んだときに下の前歯に負担が強くかかります。そのため前歯でものをよく噛み切れない状態となります。奥歯も反対の状態になると、食物が上のほうに逆流することになります。又発音でも、サ行の発音がうまく言えないことがあります。
症例 主訴:かみ合わせが反対なので治していただきたい。学校健診で指摘された。
診断名:反対咬合、下顎前突  
年齢: 7歳
治療前
                    ↓
治療後
治療内容 使用した装置:チンキャップ、リンガルアーチ、マルチブラケット、非抜歯
治療期間:T期約3年、U期約2年、
費用:約50万円
説明:初診で来られた時は、7歳でまだ永久歯に生え変わる途中でした。まずチンキャップとリンガルアーチという比較的簡単な装置で逆の噛み合せを治し、経過観察の後、マルチブラケットで咬合の完成を行いました。
注意点及びリスク
注意点:反対咬合の治療は最終的な咬合の完成までに長期間かかることがありますので、途中、経過観察の期間を充分におき、T期とU期に分けてなるべく患者さんの負担にならないようにしております。
リスク:反対咬合の場合、T期治療で反対咬合が治ってもその後の成長によりまた戻ってしまうことがあります。その時はU期治療で治すか、手術を併用した矯正治療を行うことになります。
             Top pageへ戻る                    当院の治療例に戻る

長谷川矯正歯科クリニック рO22−263−3672