上顎前突 出っ歯  子供        Top pageへ戻る            当院の治療例に戻る

説明 噛んだときに、前歯が開いてしまう状態を、開咬といいますが、前歯でものを噛み切れない。発音で言葉が漏れる。等の点があり、矯正治療を行う場合が多くあります。
症例 主訴:前歯で食べ物が噛み切れない。音が漏れる。
診断名:開咬
年齢:17歳 女性   
治療前
                    ↓
治療後
治療内容 使用した装置:マルチブラケット
抜歯:上下顎第一小臼歯, 親知らず歯
治療期間:2年
費用:約60万円
説明
前歯でものが噛み切れる。よく食べられるとおっしゃっておられました。
注意点及びリスク
副作用
治療ではゴムを使用することが多く、なるべく長時間使用するようにします。また舌突出癖があるときは癖を治す治療も併せて行います。
親知らずを抜かないで治療したときあまり歯が動かないことがあります。治療後も開咬が出てくることがありますのでゴムの使用が必要なことがあります。
             Top pageへ戻る                    当院の治療例に戻る

長谷川矯正歯科クリニック рO22−263−3672