上顎前突 出っ歯  子供        Top pageへ戻る            当院の治療例に戻る

説明 上の前歯が空いていると、イメージが悪い、発音が漏れるということで、矯正治療を行う方が多くいらっしゃいます。
症例 主訴:  上の前歯が空いていて気になる。
診断名: 正中離開
年齢:   23歳 男性
治療前
                    ↓
治療後
治療内容 使用した装置:マルチブラケット、非抜歯
治療期間:1年
費用:40万円
説明:マルチブラケット治療を1年間行いました。ご本人は、人前で笑えるようになったと、おっしゃっておられました。
注意点及びリスク 正中離開の場合、空いている歯の間に過剰歯がある場合があります。その時は先に過剰歯を抜歯する必要があります。また歯周病などで歯が空いてきている時は歯周病の治療を行ってから矯正治療を行うことが必要です。
             Top pageへ戻る                    当院の治療例に戻る

長谷川矯正歯科クリニック рO22−263−3672