上顎前突 出っ歯  子供        Top pageへ戻る            当院の治療例に戻る

説明 上顎前突の場合、上の前歯が飛び出しているため、口を閉じにくく、口をあけていることが多くあります。又噛み合わせが深いことが多く、上顎の歯茎を噛んで歯肉炎を起こしていることがあります。
症例 主訴:前歯が出ている。口がぽかんとしている。
診断名: 上顎前突、
年齢:11歳 男子
治療前
                    ↓
治療後
治療内容 使用した装置:ヘッドギヤー、マルチブラケット、抜歯 (上下第一小臼歯)
治療期間:約 5年
費用:約55万円
説明: 治療は、ヘッドギヤーといって、上の歯を後ろに移動させる装置を、夜だけ使用しました。
最後に上下第一小臼歯を抜歯し、マルチブラケット治療を、2年間行いました。口もとがすっきりし、口が閉じやすくなりました。歯肉が乾燥することもなくなり、歯肉炎も少なくなりました。
注意点及びリスク
副作用
ヘッドギヤーは毎日12時間以上使う必要があります。また抜歯をしないと良好な側貌が得られないことがあります。また矯正治療後も定期観察を行い、親知らずや習癖等、かみ合わせに影響しないか観察していきます。
             Top pageへ戻る                    当院の治療例に戻る

長谷川矯正歯科クリニック рO22−263−3672