上顎前突 出っ歯  子供        Top pageへ戻る            当院の治療例に戻る

説明 上顎前突の場合、上の前歯が飛び出しているため、口を閉じにくく、口をあけていることが、多くあります。又噛み合わせが深いことが多く、上顎の歯茎を噛んで、歯肉炎を起こしていることがあります。
症例 男子、11歳
治療前
                    ↓
治療後
治療内容 治療は、ヘッドギヤーといって、上の歯を後ろに移動させる装置を、夜だけ使用しました。
最後にマルチブラケット治療を、2年間行いました。
コメント 口もとがすっきりし、口が閉じやすくなりました。歯肉が乾燥することもなくなり、歯肉炎も少なくなりました。
             Top pageへ戻る                    当院の治療例に戻る

長谷川矯正歯科クリニック рO22−263−3672